頑固おやじの安衛講座 PARTⅤ

≪産業医≫

事業者は常時50名以上の労働者を使用する全ての事業場で産業医を一人以上選任し、労働者が3,000人を超える事業場では二人以上の産業医を選任しなければならず、また、常時1,000人以上の労働者を使用する事業場や一定の有害な業務に常時500人以上の労働者を従事させる事業場では、専属の産業医を選任することとなっています。
産業医の資格要件は医師であって、次の何れかの要件を備えた者となっています。

① 労働大臣の定める研修の修了者
② 労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、その試験区分が保健衛生であるもの
③ 大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授または常勤講師の経験のある者
④ 平成10年9月末時点において、産業医としての経験が3年以上である者

産業医の職務としては主に次の事項を行うこととされています。

① 健康診断の実施及びその結果に基づく労働者の健康保持のための措置
② 作業環境の維持管理と作業の管理に関すること
③ 労働者の健康管理に関すること
④ 健康教育、健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るための措置
⑤ 衛生教育及び労働者の健康障害の原因調査及び再発防止のための措置

また、産業医は少なくとも毎月1回以上作業場を巡視し、作業方法または衛生状態に有害の恐れがあるときは、直ちに必要な措置を講じるとともに、必要と認めるときは事業者及び総括安全衛生管理者に対し必要な勧告をし、衛生管理者に対し指導、助言をすることができます。

次回は安全衛生委員会についてお話します。

2014/05/31 | カテゴリー : 労働学校 | 投稿者 : 篠原輝政