よくある相談~Q&A~

よくある相談事例を少しあげてみました。
事例の様な悩みだけでなく、どんな些細なことでも悩んでいたら相談してみて下さい。人に相談することにより、精神的に楽に成れたり、解決への糸口が見つかることもあります。
気を張らず、お気軽に相談下さい。
相談窓口はこちら

相談事例

突然解雇されました!!

Answer


解雇には正当な理由が必要であり、次の点をクリアしないと無効となります。

  1. 会社の維持・存続のために解雇が必要であること。
  2. 希望退職の募集など、会社が解雇を避けるための努力をしたこと。
  3. 解雇があなたでなければならない明確な理由や公平な基準があること。
  4. 十分な説明と納得を得る努力をしたこと。

有給休暇がありません!!

Answer


法律では下表の様に、勤続年数により付与しなければならない年間の有給休暇の日数が定められています。パートや派遣で働いている人でも条件を満たせば有給休暇があります。

 勤続年数 年間有給日数 
6ヶ月  10日 
1年6ヶ月  11日 
2年6ヶ月  12日 
3年6ヶ月  14日 
4年6ヶ月  16日 
5年6ヶ月  18日 
6年6ヶ月以上  20日 

残業代がもらえません!!

Answer


残業したのにその分の残業代がもらえないのは、『不払い残業』といって、労働基準法に違反しています。
1日8時間以上、週40時間以上働いた分は25%(休日の場合は35%)割増して残業代を支払わなければなりません。
権限が少ない『名ばかり管理職』の場合も残業代が支払わなければなりません。

仕事中のケガに補償はあるの?

Answer


仕事中や業務上でのケガや病気をした場合には、医療や生活を補償する『労災保険制度』があります。
労災保険は全ての事業所に加入が義務付けられています。
労災事故があっても会社が保険申請しない『労災隠し』をしている場合は、自分で直接労働基準監督署に申請することが出来ます。相談の流れ